キャリアコンサルタントコミュニティ 

キャリコンサロン

【勉強会】9月度キャリコン事例勉強会&懇親会

キャリコン勉強会キャリコン懇親会事例共有会

9月度のキャリコン事例勉強会を、9月21日@代々木オフィスにて開催しました。

今回のテーマは、【フリーランスキャリアコンサルタントの活躍事例】として、現在フリーで活躍されているキャリコンサロンメンバーの西川さんにお話を伺いました。

 

西川明宏さん(アッキー)の自己紹介

人事歴15年、定年退職前に2015年CDA資格取得、2016年国家資格キャリアコンサルタント登録。現在は、フリーランスとして活躍中。『文章を書くことが好き』という+αスキルを活かして、ブログを軸にキャリアコンサルタントとして収益確保の場を開拓しています。

  • ターゲットは、いずれも学生。若者のキャリア支援がしたい。
  • ブログ :新卒採用経験を活かして、書いてみよう。名刺代わりになって仕事に繋がるかも。
  • 広告収入:Google AdSense。退職数か月前、サーバーを借りて、構築することを選んだ。
  • 仕事の依頼:学生エントリーシート添削など
  • Twitter   :ブログ情報を拡散させる。SocialDog。更新は消極的。
  • LINE@  :ブログ情報を拡散させる。
  • ココナラ:アセスメントやES添削等、様々なサービスを出店しながら試行錯誤。個人相談が中心。

ココナラ業績アップの追い風もあり「定年後セカンドライフ」の事例として、取材依頼がありました!

 

▼東洋経済 副業・資格取得で定年後も長く働こう
人生100年時代の稼ぐ力(2019/7/20)

▼静岡新聞夕刊(2019/5/9)

 

ここからは、西川さんが活用している中心サービスとなる ①ブログ、②LINE@、③ココナラ の活用について、実際の管理画面を見ながら、実態をお話いただきました。こちらでは、公開できるポイントのみをご紹介したいと思います。

*******************************************

①ブログ

西川さんのブログは、「就活・転職・キャリア・元人事採用担当者がアドバイス」

  • サーバーをレンタルして、ワードプレスを使用!
  • 初期投資を惜しまない!(プロにお金を払って、タイトルや記事についてアドバイス受けた)
  • カッコよさでなく、検索される言葉を並べる!(書きたいことではなく、読まれるもの)
  • 継続する!投稿頻度は、最低週1日。当初はほぼ毎日。(2015年 215記事投稿)
  • 本名&顔出しは、収入にするなら必須条件!
  • プロフィールは、過去現在未来で書く!
  • コメントは受け付けない!(LINE相談へ誘導したい、変なコメントをブロックしたい)

 

Q. ネタの見つけ方は?

日頃、学生と対面して思うこと、気付いたことを記事にしている。実体験から書くことが多い。

Q. 大半の人が1年続かないという説明でしたが、継続する秘訣は?

一番は、書くことが好きということ。嫌いなものは続かない。もともと文章を書くことは好きで、趣味のブログは、数年前からやっていた。趣味とビジネスでは、意識することは変わるものの、「書く」という本質は変わらない。

Q. 月間10万アクセスを達成したピーク記事とは?

こちらが、スター記事【SPI試験とは何ですか?その対策はどうすれば良いですか?】です。内容をみていただければ分かりますが、特別な内容を投稿したわけでもなく、文字数も2,000文字程度。なぜアクセスが集中したのかは、明確に説明することは難しい。しかし、日頃から意識していることは、「疑問文にする」「数字を入れる」こと。また、キーワード検索を活用して、読者が読みたいものを書くことが大事。アクセス数は、記事の更新頻度と連動しているので、更新することは必須と思います。

Q. 広告収入って、入れたほうがよいと思いますか?

10万PV達成当時、3~4万円の収入だったと思う。最近アルゴリズムが変わったこともあり、現在は月間PV数×0.5円くらいではないか。(1万PV:5,000円位のイメージ)収入を確保するには、ある程度のPV数を獲得しなければならず、広告掲載が出ることを鬱陶しく思われる可能性もある‥それをどう捉えるか。ちなみに、他社のレンタルブログでは、無料版だと勝手に広告が載せられるものが多いかも。

 

*******************************************

②LINE@

  • 無料アカウントを使用
  • 友達登録(㊙参加者のみ)名/リーチ(㊙参加者のみ)名/ブロック(㊙参加者のみ)名
  • 学生へのアプローチは、LINEが有効だと思う。
  • メッセージ配信は、週1回。ブログ更新記事を流している。
  • チャットは、1~2日に1回くらい。最近少なめ、時期によっても変動あり。
  • 無料相談として使用しているので、そこまで長文にはならない。だいたい1日で返信。
  • LINE@のメリットは、自動で逐語録ができる。
  • 無料・有料相談の境目は、決めておらず、難しさもある。ボランティア。

 

*******************************************

③ココナラ https://coconala.com/

「知識・スキル・経験」を売り買いできるフリーマーケットです。サービスを出品するのに初期費用や月会費等はかからないため、参入障壁は低い。取引成立時に販売総額から手数料25%を支払う仕組み。

 

西川さんのページ(https://profile.coconala.com/users/162699/careers)

  • 得意分野|キャリア、就職、資格、学習。採用ネタに特化させている。
  • PRO認定を受けて、ランク制度G(ゴールド)を保持。

(引用:出品者ランクとは

 

Q. PRO認定・ゴールド認定受けるまでのコツはありますか?

現在の売れ行きサービスは、『お仕事の相談・1ヶ月何度でも親身にアドバイスします』6,000販売実績56件)ですが、はじめは2,000円からスタートして、実績を重ねて、現在の価格設定なりました。特別何かをしたことはなく、今年になって、あるときココナラ事務局からメールが届き、PRO認定の話があった。だいたいココナラを使用して3年くらい経過したとき。

 

Q. 実際のお客様は、どのような方が多いですか?

20-30代の方。若者の支援がしたいという信念のもと、ターゲティングは成功していると思う。

 

Q. 対面ではなく、チャットで気を付けていることは?

基本は同じ、文字で傾聴する。相手も文字にすることで頭が整理されることもある。相手が考えるための投げかけや促しを入れることを心掛けている。返信は、翌日24時までに回答しています。

 

Q. 実際のトークルームをみると、長文を送ってくる方も多いようですが‥?

ココナラのようなサービスを利用される方は、そもそもPCが得意な方が多く、文字数が多かったり、打つスピードも速い。文章を書くことは苦ではないので、そこまで時間をかけずに返信しているが、送られてきた文章を読み込み、主訴を理解するほうに時間がかかる。何度か読み返す。

 

Q. 文章のやりとりから、実際に会うことはありますか?

ココナラの規定で、直接会うことはタブー。また、別サービスへの誘導もNGとされている。そのため、現在はココナラ内のビデオチャット(記録なし、録画できない)へ誘導することがあるくらい。

 

Q. 同様の仕組みは他社にもあると思いますが、ココナラを選んだ理由は?

タイムチケットなど、いくつか実際に試してみて、自分の肌に合ったものを選びました。

 

*******************************************

最後に・・・

ぶっちゃけ、西川さんの収入どんな感じですか?

  • メインは、大学でのキャリア支援。日給(㊙参加者のみ)円。夏休みは閑散期。
  • マンパワーでのロープレのクライアント役。資格説明会ゲストスピーカー。ほぼボランティア。
  • ココナラでのチケット売上。月間、年間(㊙参加者のみ)円。

 

■西川さんから、ひと言

継続は力なり。好きなことは続けられる。自分は書くことが好き。そして、「若者(学生)の支援を続けていきたい」という強い思いがある。この思いは、自己内省により、結婚式の仲人など若い人の役に立ったときが嬉しかった。という実体験から気付きを得たものである。直近の目標、ココナラのランク制度にて【プラチナ】になることが目標!!

 

■参加者の声

  • キャリアコンサルタントとしての成功事例をたくさん教えていただき、勉強になりました。
  • 以前から気になっていた“ココナラ”の活用方法について、理解が深まりました。
  • ブログの作り方、キーワードの使用方法なども興味深かったです。
  • 各ツールの管理画面まで包み隠さず、見せていただき、大変参考になりました!
  • 継続することの重要性。
  • どのように自分で仕事を作り出していったのか、かなり詳しく聞けて勉強になりました。
  • キャリアコンサルタントとして、フリーで活躍している方のお話をもっと聞きたい!
  • 年齢関係なく、キャリアコンサルタントとして活躍できる。活躍できる場所は自分で広げていける。この資格の可能性を感じました。自信に繋がりました!!

 

これまで対面でのカウンセリングが主流でしたが、昨今は、ビデオチャット/電話/メールなど、カウンセリング手段も多岐にわたります。そのなかで、ご自身のCAN・WANTを整理して、『長年の人事経験×書くことが好き(テキストでのサービス)×若者の支援がしたい』ご自身のスタイルで活躍の場を創り出している姿が印象的でした。具体的な内容をお聞きすることができ、自分のフィールド開拓の参考にさせていただきたいと思いました。

 


↓ キャリコンサロンの活動に興味がある方は、コチラからお申込みください!

◆10/18 サロン説明会(WEB)はコチラ

◆10/19 サロン説明会(東京)はコチラ

※その他、全国の方はお問い合わせください。

SNSでシェアする

無料メルマガ会員募集中!

キャリコンサロンでは、毎月イベント情報などを配信しています。ご希望の方は、こちらからご登録ください。

外部リンクに飛びます

月別で検索する
記事を検索する
カテゴリで検索する